HOME > 普及啓発事業 > FORM TECH REVIEW > 2005 Vol.15 表面改質と界面制御 特集

FORM TECH REVIEW 2005 Vol.15 No.1

表面改質と界面制御 特集

巻頭言
表面改質技術の進歩と界面制御技術への期待
中村 保
研究論文
摩擦接合を応用した表面改質 Surfacing process by application of friction welding
篠田 剛
放電加工を利用した新しい表面改質法の開発
岡田 晃
気中ウォータジェットピーニングによる表面改質技術の開発
吉村 敏彦
精密プレス加工用超硬合金の耐摩耗性改質
清水 友治
微細塑性加工による金属表面の高機能化とその機能評価
矢澤 孝哲
塑性加工における潤滑性及び仕上げ面精度に対する被加工材表面トポグラフィの影響
清水 一郎
射出成形金型表面のテクスチャ設計と成形品の光反射特性に関する研究
原 精一郎
熱間板圧延用トライボロジー特性評価試験機の開発
青木 孝史朗
第5回 助成研究成果発表会講演論文集 ※
塑性加工における表面改質と界面制御
中村 保
強塑性加工を利用した超高耐腐食性Mg2Si成膜プロセスの開発
近藤 勝義
アーク溶融による表面窒化法ー工具鋼とチタンへの応用例ー
松浦 清隆
放電被膜処理による押出しダイスの表面改質と性能評価に関する基礎研究
高辻 則夫
塑性加工を利用したハイブリッド表面改質を施した鋼の疲労特性に関する研究
小茂鳥 潤・菊池 将一
環境負荷を低減する塑性加工のトライボロジー技術の共同研究
池 浩

※ 平成18年5月26日に開催の助成研究成果発表会の講演論文です。

FORM TECH REVIEW

 
ページトップへ戻る