HOME > 財団について > ご挨拶

ご挨拶

代表理事理事長 末岡 愼弘

代表理事理事長 末岡 愼弘

 当財団は1987年に財団法人天田金属加工機械技術振興財団として設立されました。2011年に公益認定を受け、公益財団法人天田財団として、金属等に対する塑性加工やレーザプロセッシングに関する研究開発への助成事業、並びにその普及啓発事業の充実に努めてまいりました。さらに、2019年には、金属等の加工に従事する者の技能と地位の向上を目的とした資格の取得に対する助成を新たに加え、公益事業のいっそうの拡大に努めています。

代表理事理事長就任あいさつ

 令和2年4月21日の理事会において、公益財団法人天田財団の代表理事理事長を拝命いたしました、末岡 愼弘(すえおか ちかひろ)です。

 私は平成27年12月から、職業訓練法人アマダスクールの理事長として、特に日本の製造業の未来を担う中小企業の後継者育成と、そこで働く従業員の皆さまを対象に、板金加工の技術革新に対応した技能教育と人材育成に努めてまいりました。

 これからは、金属等の加工に関する学術の振興と、それら知見を製品として具現化する製造現場の技能者育成に、助成という公益事業をとおして尽力してまいります。

 「モノづくり立国日本」を助成という公益事業をとおして支える天田財団の理事長としてその舵取り役を拝命し重責を担うことになり、改めてその職責の重さに身の引き締まる思いであります。

 年初より、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大が、日本の研究・教育現場や製造業にも大きな影響を与えています。こんな時こそ、「民による公益の増進」を目的とした公益財団がより積極的に社会貢献すべきと考えています。

 今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表理事理事長 末岡 愼弘

代表理事理事長 末岡 愼弘

財団について
 
ページトップへ戻る