HOME > 財団について > ご挨拶

ご挨拶

代表理事理事長 岡本満夫

代表理事理事長 岡本満夫

 弊財団は1987年に財団法人天田金属加工機械技術振興財団として設立され、金属等の塑性加工分野における機械・加工システム技術に関する研究開発助成事業、並びにその普及啓発事業を開始しました。さらに2007年から助成分野をレーザプロセッシングへも助成分野を拡大いたしました。2011年には公益認定を受け、公益財団法人天田財団としてさらなる公益事業の充実に努めてまいりました。

 近年、様々なパラダイムシフトが起き「モノづくり」を取り巻く環境は激変し、「第4次産業革命」とも言うべき「大変革時代」を迎えようとしています。我が国が持続的な発展を実現し、これからも世界で主導的な役割を果たすためには科学技術のイノベーションによる課題解決が急務であると強く感じております。情報処理能力の向上による、IoT・ビッグデータの応用・AI等の融合による、モノと情報を組み合わせた新しい社会が目前に迫っています。しかしながら、我々の豊かな現実社会を支える「モノ」のほとんどは、金属や新素材で作られていることを忘れてはなりません。

 弊財団は金属等の加工に関する優れた研究活動や国際交流へ助成するとともに、その助成研究成果を積極的に産業界へ普及啓発し、日本の「モノづくり」を、公益事業を通じて貢献するよう今後も一層努力してまいります。

 来年2017年、弊財団は創立30周年を迎えます。これもひとえに関係者の皆様の温かいご支援に感謝申し上げるとともに、今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 
ページトップへ戻る