HOME > 助成事業 > 一般研究開発助成

一般研究開発助成


基礎的、試験的、実用的な研究で助成対象分野の進展に期待できる研究に対する助成。研究の内容により助成金額枠及び助成期間を選択できます。

概要

応募概要 本研究開発助成に申請した場合、他の研究開発助成には応募できません。
本助成の研究成果を海外の国際会議等で発表する場合の渡航費用等については、別途「国際会議等参加助成」を申請、利用することも可能です。
助成金額
件数
180~200万円/件 助成期間2年想定(3年でも可)
240~300万円/件 助成期間3年想定(2年でも可)
塑性加工・レーザ加工合算で40~50件程度
助成対象経費募集要項 表4参照 ※経費内容は選考の重要な評価要素になります。
募集期間令和2年6月1日~7月31日(24時で入力を締め切ります)
助成決定通知日令和2年10月上旬
助成金
目録贈呈式
令和2年11月28日(土)13:00~19:00 於:星稜会館(千代田区)
※天田財団助成式典(助成金目録贈呈式)を開催します。
 参加者には助成金とは別に弊財団規程に従った旅費を支給します。
助成金交付
助成金管理
令和2年12月上旬、所属の会計機関へ全額を一度に振り込みます。
助成金の管理は所属の会計機関へ一任します。財団へは成果報告時に会計機関の承認印付きの収支報告書のみを提出願います。(領収書等不要)
助成期間 助成期間は2年、又は3年を選択できます。
*助成期間2年の場合:助成決定通知日~令和5年3月31日
*助成期間3年の場合:助成決定通知日~令和6年3月31日
研究の進捗により助成期間を2年から3年に、又は3年から2年に変更することも認めます。但し、助成金の管理については所属機関の会計と協議願います。
研究成果報告 *助成期間2年の場合の提出期間:令和5年4月1日~5月31日
*助成期間3年の場合の提出期間:令和6年4月1日~5月31日
研究報告書・アブストラクト・収支計算書を所定の手順に従って提出願います。 弊財団は助成成果として提出された研究報告書を原本のまま、研究者に予告なく任意に出版やWEB掲載を適宜行い普及啓発に努めます。 予めご了解願います。
助成金額200万円枠と300万円枠の二つです。 ご自分の研究及び収支計画に合わせて適切な枠を選択願います。 目的は研究の実態に合わせた助成金申請をしていただき、限りある弊財団の公益資金を1件でも多くの研究へ助成するためです。 弊財団の趣旨をご理解願います。



応募条件

こちらをご参照ください。
詳細は「募集要項」をお読みください。
「助成 募集要綱」ガイド
助成事業
研究者登録はこちら
研究者専用ページへ

ログインID

パスワード



ID・パスワードは、登録時のメールに
記載されたIDと任意のパスワードです。
ログイン
パスワードを忘れた方は、こちら
よくあるご質問
 
ページトップへ戻る