HOME > 助成事業 > 重点研究開発助成(課題研究)

重点研究開発助成(課題研究)


平成30年度募集は終了しました。

技術動向や社会情勢のニーズを重点研究課題として顕在化させ、それに対して独創的、革新的な研究に対する助成を行います。
弊財団が掲げる別表の課題 (一つ以上を選定)を核とした研究への助成です。

概要

最高助成金額
件数
塑性加工分野      :1,000万円×4件
レーザプロセッシング分野:1,000万円×4件
募集期間2018年6月10日~7月31日
助成決定通知日2018年10月上旬
助成金交付日2018年12月上旬 所属の会計機関へ全額を一度に振り込みます。
助成期間 助成期間は2 年、又は3 年を選択できます。
2 年の場合︓助成決定通知日〜2021 年3 月31 日
3 年の場合︓助成決定通知日〜2022 年3 月31 日
研究の進捗により助成期間を2 年から3 年に、又は3 年から2 年に変更することも認めます。但し、助成⾦の管理については所属機関の会計と協議願います。
報告書・
収支計算書提出期限
助成期間2 年の場合の提出期間︓2021 年4 月1 日〜5 月31 日
助成期間3 年の場合の提出期間︓2022 年4 月1 日〜5 月31 日
他の助成への応募について 本研究開発助成に申請した場合、他の研究開発助成には応募できません。
本助成の研究成果を海外の国際会議等で発表する場合の渡航費⽤等については、別途「国際会議等参加助成」を申請、利⽤することも可能です。
研究開発助成と国際交流助成との同時申請は可能です。また、研究開発助成の助成期間中であっても国際交流助成の申請は可能です。

塑性加工

金属等※1の塑性を利用した加工に必要な技術※2に関する研究

研究課題
  1. 異形異相構造材の成形加⼯
  2. 広域可変速度加⼯
  3. ハイテン・ハードメタルの加⼯
  4. 省エネ・低環境負荷加⼯法
  5. 3R (Reduce/Reuse/Recycle) 加⼯
  6. サーボプレスの有効活⽤
  7. 軽量化材料の革新的加⼯法
  8. 熱間鍛造の⾦型寿命向上策
  9. ⾼性能潤滑剤の適⽤と潤滑機構の解明
  10. ⾦型製作における革新的加⼯法
  11. 素材の塑性変形機構の解明
  12. 素材の破壊機構の解明
  13. ⾦型(熱間加⼯⼯具含む)の損傷機構 (破壊、焼付、摩耗等) の解明
  14. AI、IoT 等を活⽤した塑性加⼯技術の開発

レーザプロセッシング

金属等※1のレーザプロセッシング利用した加工に必要な技術※2に関する研究

研究課題
  1. レーザ加⼯におけるプロセス現象の解明又はプロセスモニタリング
  2. 半導体レーザ(⻘⾊レーザダイオードを含む)による⾦属の直接加⼯
  3. 加⼯に及ぼすレーザの波⻑、パルス幅又はビーム整形の効果
  4. 3次元積層造形法の開発とプロセスの解析・評価
  5. ⾼出⼒レーザによる⾼速リモート加⼯
  6. レーザプロセッシング⽤の⾼品質集光光学系、スキャナー等のビーム走査・制御デバイスの開発
  7. 異種材料のレーザ溶接、又は接合
  8. ⾼効率・⾼品質レーザ加⼯法の開発、又はシミュレーション
  9. レーザプロセッシングの医⽤応⽤(レーザ治療は除く)
  10. レーザプロセッシングの⾼性能・⾼度化のための全体装置開発・改良に必要な(或いは繋がる)技術(レーザ光源、ビームデリバリー、AI、及びIoT 等を含む)
  11. 材料表⾯の改質・表⾯構造付与・表⾯(層)除去加⼯
  12. 産業界で注目される先端材料のレーザプロセッシング
  13. 産業応⽤を目指した⾼強度ピコ秒・フェムト秒レーザプロセッシング
  14. レーザ加⼯に対するOCT(光干渉診断法)技術の適⽤及び展開(キーホール深さ計測等含む)
  15. レーザ加⼯における安全技術の開発

応募条件

こちらをご参照ください。
詳細は「募集要綱」をお読みください。
※1
「金属等」とは、金属のほかプラスチック、セラミックス、複合材料等の材料も含みます。
※2
「加工に必要な技術」とは、加工に間接的に影響を及ぼす技術も含みます。
「助成 募集要綱」ガイド
助成事業
研究者登録はこちら
研究者専用ページへ

ログインID

パスワード



ID・パスワードは、登録時のメールに
記載されたIDと任意のパスワードです。
ログイン
パスワードを忘れた方は、こちら
よくあるご質問
 
ページトップへ戻る